記事リスト

印刷できなくなった

コピー機

プリンターが目詰まりを起こした場合は、まず落ち着いて解説書を見て、テストプリントやヘッドクリーニングを行います。それでもダメならプリンターの目詰まり解消液を購入してみます。それでもプリンターが目詰まりしたら、最終的にメーカーに修理に出します。

詳しく見る

最新機種も選択可能

男性

月額料金はほぼ定額

オフィスにおいてコピー機はなくてはならない備品類の一つだと思います。コピーするだけではなくFAXやプリンタ機能を備えたものもあり、それらは複合機とも呼ばれます。一般的には7〜8年が目途と言われていますが、中には10年以上使われているコピーもあります。機種が古くなった、スペックが足りなくなった、機種の仕様限界を超えてしまったなどで、入替を検討する際、リースを検討することをお勧めします。購入する場合は機種にもよりますが、20万円〜50万円がオフィスで使用されるコピー機の平均的な価格です。リースを利用すると購入費用はかかりません。リース会社に使用したいコピー機を購入してもらい、それを借りることで利用することが出来ます。購入するのはリース会社ですから、使う側は月々のリース料さえ支払えば使うことが出来ます。リース料も月々定額料金なので、費用を把握しやすいというメリットがあります。コピー機にはカウンター料金と言うものがあります。通常は基本料金が設定されています。その基本料金から飛び出た分が、1枚当たり3〜4円が基本料金に加算されて費用になります。購入することで発生するコピー機の減価償却の計算や事務処理も、所有者が行うので発生しません。これは契約にもよるところですが、その内容によっては最新機種を使用することも可能です。新しくリリースされた機能で使ってみたいと思うものがあれば、この契約を利用したいところです。

環境に優しい

インク コニカミノルタのトナーを使用すると、いろんな紙の種類に対応でき便利です。色彩や写真のトーンをしっかりと表現することもできます。また、CO2やNOxの発生を抑制させることができます。オイルを使用しないため、機器を長く使用することも可能です。

詳しく見る

プリンターの特徴

3Dプリンター

3Dプリンターは3DCADで設計して、データを送信すると立体モデルが作れるというプリンターです。素材は樹脂が一般的ですが、ゴムや金属などを使えるタイプもあり、それらはものづくりの現場で活用されています。生産コスト削減や製作日数の短縮、品質向上など、様々なメリットがあります。

詳しく見る

電話機の利用

通話

企業で電話機の利用を考える場合はビジネスホンの利用をおすすめします。このビジネスホンを使うことにより、連絡を行うスピードも上がります。またリースの利用でビジネスホンを導入することで、初期費用を抑えることができます。

詳しく見る

費用とメンテナンスで選ぶ

複合機

多くの企業がコピー機はリース契約しています。そのメリットはまず価格です。月々数千円程度で使用できますし、業務用はファックスやプリンターとしても使用できる複合機ですので、便利です。またリース契約であればメンテナンスが含まれます。業者・機種を選択する場合は、この両方を加味しておく必要があるのです。

詳しく見る

Copyright© 2018 【メリットを厳選公開】コピー機をリースで導入しよう All Rights Reserved.